トップページへ戻る

受講生との対談ビデオ

会沢 英明さん(22歳)

「熱血力あふれる後藤塾長は、僕にとって“こうなりたい”という人生の目標」

[ダイジェストビデオ]
上の映像にカーソルを重ねるとコントロールバーの出し入れができます。

後藤
5年前、出会ったのは、会沢君が高校3年生で17歳の時。最初の頃は全然話をしないから、暗い子だという印象を持ったよ。改めて、士塾に入ったきっかけから話してくれるかな。
会沢
簿記の日商2級を独学で合格した後に1級の試験を受け13点の点数で落ちた時、独学では通るのが無理だと思いました。そんな時、塾長の出張講習している学校のチラシを見たのが、士塾に入ろうと思ったきっかけです。
後藤
士塾に入ってしばらく経ってから、進路相談に来たよね。当時の会沢君は簿記の勉強をするうえで、税理士と会計士の区別もついていなかった。5年前は、ちょうど会計士試験が簡単になりそうだった時期。その流れもあって、僕は会沢君に「会計士を目指すなら、最高峰の公認会計士になれ」とアドバイスをした。
会沢
その頃の僕は会計士の勉強が得意ではありませんでした。でも、塾長にそう助言されて、公認会計士を目指そうと、前向きに感じたんです。おかげで2009年に合格することができました。
後藤
会沢君のすごい所は、試験で点数が悪くても、極端に落ちこまず、淡々と前に進めること。メンタル面が非常に強い。そもそも、精神がタフな人間じゃないと、公認会計士の試験に2年間で合格するなんてできない。
会沢
塾長の熱血力あふれる指導に、何度も奮い立たせてもらったからです。公認会計士を目指したのも、塾長の言葉があったからこそ。もし僕が塾長に会わなかったら、たぶん普通の人生を送っていたと思います。あるいは23歳の今頃、フリーターになっていたかもしれない。
後藤
僕は公認会計士を目指して、なれなかった人間。サムライ(士)にはなれなかった。会沢君はサムライになった。正直、会沢君が合格したのを聞いた時、嫉妬の気持ちが僕に生まれるんじゃないかと思ってたけど、逆に、僕自身が合格したような嬉しい気分だったんだよね。自分の塾生が受かったら、こういう気持ちになるんだと、つくづく実感した。王者になれなかったボクシングジムの会長が、世界チャンピオンを育てたような感覚。こんなにも嬉しい体験を、またこれからもしたいという感情が、僕の中に生まれた。
会沢
塾長と出会えて、簿記の本当のおもしろさを知ったからだと思います。塾長は、僕にとって「こうなりたい」という人生の目標。その塾長からそんな風に言われて本当に嬉しいです。
後藤
もう一つ、会沢君のすごい点は、士塾での受講料を自分で稼いでいたこと。しかも、なかなか僕に言わなかった。わかったのは、会沢君が「授業料を少し待ってもらえませんか?」と相談に来た時。最初は「前例をつくると他の塾生に示しがつかなくなるから」と諭してたんだけど、そこで初めて「実は…」と話してくれた。素直に感動したよ。咄嗟に「お前、偉過ぎるわ。特例で金なんか後でいいよ!」と言った記憶がある。
会沢
家があまり裕福じゃなかったけど、やっぱり僕は簿記を続けて、一度目指した公認会計士になりたかった。それも後藤塾長がいる士塾でなければ意味がないと思ったので。
後藤
時給700円の回転寿しのアルバイトをしながら通ってたんだもんな。それからは僕の会沢君を見る目が変わった。「こいつはやる人間だ」とはっきりわかったから。自ら稼いで学ぼうとする人間は、試験に受かっても受からなくても、心に強い芯ができる。以来、会沢君とは人間対人間として絡んでいきたいと思った。最後に一言、会沢君に僕からのメッセージ。放っといてもなるだろうけど、大物になれ!
会沢
ありがとうございます。これからは淡々とやるだけではなく、塾長の熱血力も受け継いで頑張りたいと思います。
目次
  • 後藤充男ブログ
  • 後藤充男への簿記関連の講演・研修などの講師依頼はこちら
  • facebook
  • youtube
  • ustream
  • DVD教材販売サイト

士塾(さむらいじゅく)
〒319-1221
茨城県日立市大みか町2-25-6
TEL&FAX 0294-52-3450